2010年07月07日

日本の洞窟ダイビング事情

長年の洞窟ダイビングの様々な小さな問題を解決するより安全な洞窟潜水を必要とする。 ガイドライン洞口よりチームのリーダーはガイドライン 水深の管理 ケイブダイバーは、適切な水深の管理をする必要がある。 呼吸ガスの管理 空気消費量と減圧を管理する。 光源の管理全てのケイブダイバーは、3つのライトを備えている。 1つは主立ったライトで他の2つの予備ライト。 国際的な違いは、 日本の洞窟ダイビング事情日本では古くから洞窟信仰があり、主立った洞窟には神社が併設されており、神は神体として崇拝されている。洞窟に入るためには、神主、所有者、管理企業、自治体、管轄官庁など多くの関係団体の許可を取る。一般的なケイブダイバーは、ダイビング可能なのは、海中鍾乳洞に過ぎず、その中でも、一部の海中洞窟では、自治体の管理下でしかダイビングすることができない。 国内では、ケイブダイビングを知らない人が忍野八海(1987年7月16日)、龍泉洞(1962年)、聖穴(1987年)、南大東島、与那国島、高知県、滋賀県などの洞窟事故起こしてきた。 90年代から本格的な洞窟潜水を、海外からの習得した洞窟探検家のケイブダイバー(洞窟潜水探検家)は、八郎沢の風穴、安家洞、氷渡洞、幽玄洞、弁天様の水穴、大悲の滝、諏訪の水穴、石舟沢鍾乳洞、聖穴、倉沢の水穴、忍野八海、ひめ坂鐘乳穴、諏訪洞、あがり、いやのくち、稲積水中鍾乳洞、岩戸鍾乳洞、金志川泉、友利のアマガーなど日本各地の洞窟を調査している。 また、テクニカルダイバー達が広部ガマ(沖縄本島)、ヒデンチガマ(久米島)などの海中洞窟に潜っている。ドライケイバー(洞窟探検家)も自分の方法を使用して、同意するものとサンプ(完全に水没した洞窟)を潜り、かつて秋芳洞などを調査している。
posted by umecha at 18:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。